人事交流

人事交流事業では、地元の医療福祉を支える小規模病院等の看護職と本学看護学科の教員による人事交流をとおして、相互理解と教育力の向上を図ります。

本学看護学科では、学生の臨地実習先として新たに小規模病院等での実習を行います。それに伴い、看護学科の教員も小規模病院等の実情を知る機会が必要となります。
実習を受け入れる小規模病院等の看護職においては、学生がどのような教育を受けているのかを知ることで、より効率的な実習指導を行うことができます。また、実習指導力の向上を図ることは、職場での人材育成にも役立てることができます。

看護学科の教員と小規模病院等の看護職がお互いの業務内容を理解し、互いの教育力の向上を図ることで、より良い「地元ナース養成プログラム」の実施につながります。

人事交流図

 

◆平成28年度 人事交流の様子
*大学→協力施設
(公立高畠病院、尾花沢病院)

*協力施設→大学
(川西湖山病院、最上町立最上病院、小国町立病院、公立高畠病院)