平成27年度小規模病院等看護ブラッシュアッププログラム開講式を開催しました

平成27年7月15日(水)に、「平成27年度小規模病院等看護ブラッシュアッププログラム」の開講式が開催されました。

本プログラムは、山形県内の小規模病院・診療所・施設等に勤務する看護職を対象に、看護実践力の向上を図ることを目的としています。今年度は、56名(一部の単元のみを選択して受講する「単元履修」も含む)の方が履修することとなりました。

開講式では、本学学長である青柳 優より、「すでに地域で活躍されている皆さんですが、本プログラムの受講を通して、今後ますます重要となる地域医療を担う存在としてがんばって欲しい」との激励の言葉がありました。

また、ご来賓として山形県地域医療対策課長 大山 敏之様、山形県看護協会会長 井上 栄子様(代理 山形県看護協会常任理事 松田 光子様)からも励ましのメッセージをいただきました。

7月22日(水)より、約2ヶ月間のプログラムがスタートします。履修生のみなさんにとって実り多いプログラムとなるよう、教員・スタッフがサポートしていきます。

学長挨拶