山形県立谷地高等学校で看護講話を行いました

平成29年10月17日(火)
山形県立谷地高等学校「生活と福祉」
平成29年度 高齢者と福祉講話
~地元ナース養成プログラムについて理解を深める~

「生活と福祉」履修者、看護師・医療系への進学を希望している高校3年生の皆さんに、本事業についてお話しする機会をいただきました。
超高齢化と人口減少が進展し、かつ医療資源や公共交通機関が少ない地域において必要とされる、地元住民の多様な健康問題に幅広く対応できる「地元ナース」の養成についてや、地元のことを振り返り、❝地元の人の生活は?❞ ❝看護ってなんだろう?❞ ❝地元で看護する強み❞ などについてお話しました。
皆さん、熱心にお話を聞いてくださり、きらきら輝く瞳には希望があふれていました。
熱い心を持って、医療の道に進もうとしている皆さんの姿を見て、とても嬉しくなりました。
皆さん頑張ってください!心から応援しています!

IMG_4041

IMG_4039

 

 

 

 

IMG_4058