平成29年度 小規模病院等看護ブラッシュアッププログラム開講式を行いました

平成29年度『小規模病院等看護ブラッシュアッププログラム』開講式を、平成29年7月21日(金)に行いました。
今年度は44名からご応募いただき、7月25日(火)からスタートいたしました。
開講式では、山形県看護協会常任理事 山川祐美子様にご来賓としてお越しいただき、「今後の地域医療の役割はとても重要であり、看護師のスキルアップを図るうえでこのプログラムはとても良いものであるため、頑張っていただきたい。」との激励の言葉を賜りました。
本学前田学長からは、「このプログラムを通して、地元医療福祉の担い手として発展的な看護を実践していただき、是非地元ナースのロールモデルとなってご活躍いただきたい。」、また、 遠藤看護学科長からは、「このプログラムでは、同じ状況で働く看護職の方々と、それぞれの地元で感じる問題を共感したり、相談したりできることも大きな魅力となっている。1+1は2ではなく3となるようなそのような学びの機会になれば良いと思っている。暑い季節の講義となるため、体調管理に気を付け、事故などに気を付けて来学していただきたい。」との言葉がありました。

IMG_3116IMG_3124
IMG_3119